地球環境への配慮が必須|特殊な機械を利用する瓦礫選別|現場の環境を整えるには大切なもの
作業員

特殊な機械を利用する瓦礫選別|現場の環境を整えるには大切なもの

地球環境への配慮が必須

工事現場

素材別に分けて処分

企業活動を行なう中で出てくる瓦礫は、環境に対する配慮が進んでいることから、処分場にそのまま持ち込んでも引き取ってもらえません。解体現場から出てくる瓦礫の中には、木材や金属、コンクリートだけでなく家電製品まで含まれていることがあります。瓦礫選別を行なうことで、素材別に分けた結果として資源としてリサイクル出来るものが多く出てきます。レアメタルと呼ばれている希少金属や回収が義務付けられている物質が含まれていることも珍しくありません。瓦礫選別作業を行なうだけで、環境に負荷をかける物質の拡散やリサイクル出来る素材の廃棄を防ぐことも出来ます。手間をどこまで掛けられるかが、瓦礫選別を行なう上での問題点となりますが、瓦礫選別を專門に行っている業者も登場しているので、自主選別と業者に依頼する両方の方法から選択可能です。

選別機械が開発されている

瓦礫選別を手作業で行っては、人件費が莫大にかかってしまいます。解体現場では、大まかな作業は重機を用いて行なうことで、効率化を図れるでしょう。日常的に瓦礫選別を行なう事業を行っている場合には、専用の重機を購入しても良いですが、利用頻度が低い場合にはレンタルすることも可能です。ある程度重機で選別した瓦礫は、瓦礫選別機で更に細かく素材別に分けることが出来ます。ガス回収が必要な家電製品については手作業となりますが、コンクリートと木材、金属を選別するには、回転式トロンメル選別機と振動式ふるい選別機を使い分けることで効率良く瓦礫選別が出来ます。瓦礫選別機は重機で細かくした瓦礫を入れて選別するものですから、レンタル利用することで常に最新の選別機が利用可能です。