産業廃棄物の適切な処理|特殊な機械を利用する瓦礫選別|現場の環境を整えるには大切なもの
作業員

特殊な機械を利用する瓦礫選別|現場の環境を整えるには大切なもの

産業廃棄物の適切な処理

工場

産業廃棄物の定義

産業廃棄物は、文字どおり産業活動により排出される廃棄物のことをいい、一般的に産廃と略称されます。産廃発生の要因は様々にあります。例えば、工場や事業所で行う生産や加工業務の際にも発生しますし、鉱山での探鉱作業に関しても同様です。産廃の種類は雑多にあります。燃えがらや汚泥、それからゴムくずやガラス、木くずや動物の死体なども産業廃棄物処理法にて産廃と指定されています。液体、固体如何にかかわらず、また生物に関するものも含まれるなど、人間の産業活動に伴って多種多様な産業廃棄物が生み出されます。産業廃棄物処理を適切に実施しないと、公害に発展しかねません。そのため、廃棄物を処理する際には、法律の概要を正しく把握しておくことが大切だといえるでしょう。

廃棄物処理の許可

産業廃棄物処理は、発生した廃棄物を適正に処理することで環境を維持することを目的としています。産業廃棄物を排出した業者は、当該産業廃棄物を自らの責任で処理しなければなりません。しかし、自ら産業廃棄物処理をする能力がない場合は、産業廃棄物処理業の許可を受けている業者に処理を委託しなければなりません。この許可は、都道府県知事もしくは政令指定都市の市長から受けなければなりません。自治体によっては、産業廃棄物の不法投棄に悩まされ続けているところもありますので、違反については厳しく取り締まりを行います。従って、都道府県知事等の許可を得ていない違法業者に処分を依頼することは、くれぐれも行わないようにしなければなりません。