クリーンな企業をめざして|特殊な機械を利用する瓦礫選別|現場の環境を整えるには大切なもの
作業員

特殊な機械を利用する瓦礫選別|現場の環境を整えるには大切なもの

クリーンな企業をめざして

工場

コスト削減よりも信頼性

世間は環境への配慮において一昔前よりも大変厳しい目を持つようになりました。国は規制をますます厳しくして、ルールが守られていない混合廃棄物などの不法投棄は容赦なく取り締まられてしまいます。しかし、混合廃棄物などの処理にかかる費用は決して低くはなく、コスト削減の方法を試行錯誤している企業においては大きなネックとなっています。ただし、これらの規制を逆にチャンスに変える方法もあります。環境への配慮は会社のイメージを格段にアップさせることができます。目の前のコスト削減のために法律の縫い目をかいくぐるような手法も存在しますが、きちんと公になっているルールを守っていることが結果的に、会社の信頼性に繋がる可能性もあるというわけです。

企業努力でここまでできる

企業のイメージや信頼性を第一に考えることによって混合廃棄物の処理について、リスクを伴うコスト削減を行わないという判断は懸命です。その一方、ルールの範囲内で費用を抑える努力というのも成されてしかるべきです。混合廃棄物の処理費用を抑えるのに一番良い方法は、廃棄物そのものの量を減らすことです。たとえば、混合廃棄物の約7割以上が水分であるというデータが出ています。廃棄物を分けて保管をしておく際に、きちんと水切りをしておけば、それだけでもかなりの量を減らすことが出来ます。また、社内での企業努力も有効です。たとえば、ペットボトルや割り箸などの使用を控えるよう教育し、水筒や自分の箸を持参するようにすれば、それだけでも廃棄物の量は少なくなります。